コンセプト

  1. ホーム
  2. >
  3. コンセプト


愛知電線の使命

人と電気をつなぐために。

愛知電線は、電線・ケーブルの製造、販売を行う企業です。その使命はまさに「人と電気をつなぐ」こと。
場所、状況、目的に応じた高品質な電線・ケーブルをご提供し続けることで、電気という重要なライフラインの構築を支え、すべての人のやすらかな暮らしを守ります。

愛知電線の信念

心にいつも誠実一貫

お客様に選んでいただける製品を造る。愛知電線はその一心で、様々な取り組みを続けてきました。
製造技術の向上、検査体制の整備など、多角的なアプローチの結果、高品質な製品を安定的に提供するという点において、合格点をつけられるレベルにまで成長したと自負しています。
しかしながら、道はまだなかばです。お客様、地域社会、社員、全ての人に喜びをもたらし、愛知電線として、製品・サービス・社会への貢献を極めていかなければなりません。そのために必要なのは、90余年にわたり受け継いできた“誠実一貫”の信念をつらぬくこと、そして、歴史や伝統にあぐらをかかず“前進”を行うことです。誠実であり続けること、新たに挑み続けることは、決して容易ではありませんが、強い意志をもって達成し、はじめて企業の飛躍は叶うのだと考えています。

愛知電線の展望

伝統と革新の電線企業へ

愛知電線は、1925年に創業しました。90余年という長い歳月のなかで培ってきた技術や経験は、守るべき宝といえます。この宝を常に価値あるものとし、お客様のニーズにお応えし続けるためにも、愛知電線は伝統に安住しません。時代を読んだ大胆な革新で、新たな発展を志向していきたいと考えています。

愛知電線の社会貢献

企業において社会貢献は取り組むべき活動の一つです。

愛知電線では、社内にある自動販売機を利用することで売上の一部がマラリアで苦しむ子供に国連基金共同事業を通じて寄付されています。

事業と奉仕で豊かな地域に

企業の持続的な発展は、地域に愛され信頼されてはじめてなるものです。
愛知電線は、愛知県をはじめとした東海地区を特に重要な商圏ととらえて、製品・サービスの提供を展開しているほか、 熱田・船方学区の福祉などに熱心だった創業者・前田正内の意志を受け継ぎ、定期的に社屋周辺地区の清掃をおこなうなどの奉仕活動に積極的に取り組んでいます。

愛知電線の環境対策

省エネルギーの推進

現代において、環境に配慮することは、企業が取り組むべき重要な課題のひとつとなっています。
それは愛知電線にとっても同様です。太陽光発電システムに使う新型パネルを工場の屋根に設置し、生産に要する消費電力量を補っています。
そして環境への社内の意識も高め、会社内の全ての照明をLED化することで省エネに努めています。

環境汚染物質の使用抑止

被覆材料に環境汚染が懸念される鉛系を添加しないVVFケーブル、ハロゲン物質も添加しないEMケーブルなど、環境にやさしい製品を製造しています。
太陽光発電システムにより、CO2発生の低減とフォークリフト電気化による排気ガスの低減に努めています。